認定ロゴ地球学校-HOME コラム団体概要お問合せEnglish

地球学校ブログ かなチャリ富士 かにゃお
イベント イベント報告  

大楠山ハイキング

上原 記

2005年、6月5日 大楠山ハイキングに行きました。参加者は、タイ、スペイン、マカオなど外国人の参加9人をふくめ、20名。スタッフを入れて総勢23名でした。梅雨の時期なので、雨が心配で、雨の日の企画も用意していましたが幸い、お天気になりました!
大楠山は、三浦半島のど真ん中にあります。標高234メートルとあまり高くはないのですが、頂上の展望台からは、相模湾や、房総半島など360度の展望が楽しめます。

電車を降りて間もなく山道に入り、途中、いったん車道に出たりしますがこの季節は、とにかく緑がいっぱい。濃い緑、淡い緑、したたるような緑の中をおしゃべりしながら2時間ほど歩いて適当に汗をかき「けっこう、きついねぇ」と息が荒くなる頃に頂上へ。

展望を楽しんだあと、林の中の広い草むらに陣取ってランチと交流のひととき。さわやかな風が吹きぬけて、自然のおいしい空気がいっぱい。「昨日の夜の食事のメニューを絵に描きましょう」と、スタッフに渡された画用紙にみんな真剣! フランス料理フルコースとか、中国料理の飲茶コースなど豪華なものから、ぶっかけうどんというシンプルなものまでいろいろあって、びっくり。自分の絵を説明−−質問がとびかい、話がはずむ。

下りは、渓谷に沿った沢下り。道は、前の日の雨で、かなり泥んこ状態で、すべる、すべる・・・「きゃぁ〜」「うわぁ〜」と叫びながらも、全員無事に下山。 約半数の温泉希望者は、大楠温泉で汗を流しました。タイからの研修生が5人参加しましたたが、彼らはこの後すぐ、それぞれの研修先の各地方へと分散するそうで、「温泉初めて」という人も多く、「良い思い出になります」と笑顔で話してくれました。

戻る