認定ロゴ地球学校-HOME コラム団体概要お問合せEnglish

地球学校ブログ かなチャリ富士 かにゃお
コラム おしゃべりコーナー - バックナンバー  

No.155 友だちのジョン

マシュー君  [2012/10/17]

◆アメリカ人のマシューさんはたいへん努力家の20代の青年です。怒涛の勢いで半年間集中し、日本語能力試験N1レベル合格を果たしました。次の目標の[文章]と[会話]に向かって再び地味な努力を始めたところです。皆さまに読んでいただき、感想など応援をお願いしたいと思っています。



 ニューヨークに住んでいるジョンという友達は、僕の性格や生活と完全に反対だと思う。

 2005年には同時に日本へ留学に来ていた。でも、彼の留学は、何のためとか自分が何をしたかったためじゃなくて、たまたま日本に来たにすぎない。ジョンはいつもそういう適当な行動をしている。毎年、いきなり、今休暇が必要という決断をして、列車の旅や長距離のドライブやクルーズに出かける。

 そういう考え方は休みだけとは限らない。他の例としては、ニューヨークでずっと就職できないままで、シアトルに住んでいる友達に連絡して、「オイ、仕事くれ」とか言って、なんとなく何ヶ月間の仕事をもらった。おまけに、その友達の家に住んで、ずっと車も借りていた。

 ニューヨークに戻った時は、また仕事を見つけられなくて、半分大学院入学のため、半分休暇のためカリブへ行った。途中でまたその予定を止めて、またニューヨークへ帰った。今は法学校へ行く新しい作戦を実行中。

 そういうのんきな生き方を考えると、少し疲れるけど、嫉妬も感ずる。楽な感じで生活ができる人はストレスがあまりたまらなくて、そしてもっと面白い人生を送れると思う。いつも将来はどうの、この決断から何の利益を得るか、そういう質問を自分に問い続けるのは疲れる。


◆マシュー君のプロフィール:

~大学時代、副専攻で日本語を勉強
2005年   1年間日本の大学に留学
2009年   日本語能力試験2級合格
2010年8月 仕事で来日
2011年2月 地球学校の学習者に
2012年7月 日本語能力試験N1レベル合格
        合格後、作文を勉強中。

    ●ご意見・ご感想はこちらまで

戻る